バリアフリー住宅

バリアフリー住宅とは

バリアフリー住宅とは

近年の高齢化に伴い、バリアフリー住宅という言葉はすでに一般的となったようです。

 

では、バリアフリー住宅とはどういうものでしょうか。

 

物理的バリアフリーとしては、住宅、デパート、駅などの公共機関が思い浮かびます。

 

公共の場では、かなりの確立で段差が少なくなっていたり、トイレなどに手すりが備え付けてあったり、エレベーターがあったりと目に付きやすくなっているでしょう。

 

出入口のスロープ

車椅子利用者向けのバリアフリーとして、出入口のスロープや車椅子用トイレ、エレベーター内の下に階数指定のボタンが付いていたりします。

 

これが、1番わかりやすいバリアフリーということでしょう。

 

人間名は高齢になると当然に身体機能が衰えてきます。

 

いわゆる老化現象ですね。

 

老化によりとっさの判断も鈍ってくることでしょう。

 

車椅子バリアフリー

今まで何十年も暮らしてきた住み慣れた我が家であっても、突然の転倒をきっかけに怪我をしてしまう、寝たきりになってしまう、最悪な場合亡くなってしまうということもあるのです。

 

高齢者の事故の多くが住宅内で起きているということからも、怪我や事故が発生しにくい住宅、つまりバリアフリー住宅が必要となり注目されているのです。

 

バリアフリー住宅といわれても現実味がないのが一般的でしょう。

 

しかし、高齢ではない、身体に障害がないといって安心してはいられません。

 

加齢に伴う老化は誰でも平等に起きることであり、ある日突然車椅子になんてことも他人事ではないのです。

 

高齢の両親と同居している方などは、今後介護環境を整える、バリアフリー住宅にするといったことは現実的なことと受け止めているでしょう。

 

あなたは自宅をバリアフリー住宅にするとしたら、どのようにしたいですか?

 

そう聞かれてもなかなか的確な答えは出ないでしょう。

 

しかし、ちょっと周りを見渡すといろいろとヒントがあります。

 

公共機関ではバリアフリー化が進んでいます。

 

便利だなと思うところは是非チェックしてみましょう。

 

また、ホテルではバリアフリーの客室が用意されているところもあります。

 

泊ってみると便利さが実感できるかもしれません。

 

デパートのトイレなどもバリアフリーが行き届いています。

 

電車の優先席・車椅子乗車

公共施設のバリアフリーで多く人が気付くのは電車の優先席でしょう。

 

以前はシルバーシートとも呼ばれていましたが、利用対象が高齢者だと思われやすいということから、呼び名が変わったようです。

 

優先席は、高齢者以外にも障害者、怪我をしている人、妊婦、乳幼児を連れている人などの優先席となっています。

 

近年では、シート部分を取り払った車椅子専用のエリアを設ける電車も多くなっており、これと同様に映画館や劇場などでも専用のエリアを設けているところが多いようです。

 

車椅子といえば、最近どの施設にも出入口にスロープが見受けられます。

 

このスロープは、法律で傾斜の勾配が規定されているのをご存知ですか?

 

勾配が規定以上となると両腕のみで車椅子をこぐのはとても困難なるからです。

 

スロープが長くなり、折り返しとなっているのはそのためでしょう。

 

車椅子両輪を両腕だけで回し続けるのはとても大変ことなので、折り返しまでを適切な距離として折り返し部分で休めるようにしてあるようです。

 

他にも点字ブロックや音響式の信号機などは視覚障害のある方にとってはなくてはならないものでしょう。

 

車椅子スロープ

これら公共物のバリアフリーに注意を向けることも自宅のバリアフリー化に役立つところですが、ベストな方法はバリアフリー住宅を実際に目にすることです。

 

知り合いにバリアフリー住宅に住んでいる方がいれば、住み心地や工夫したところなどを参考にしましょう。

 

いらないものは削り便利なものは真似させてもらうのが一番です。


バリアフリーを実践して高齢者・要介護者に快適な住宅を

バリアフリーリフォームを自分で行う

バリアフリーリフォームを自分で行う 自宅をリフォーム・バリアフリー化することは業者に依頼しなくても簡単なことならば自分でも可能です。最近ではホームセンターの品揃えが充実しており、バリアフリー化の商品もたくさん扱っています。バリアフリーリフォームに関してわからないことがあれば、ホームセンターの相談員に相談することをオススメします。

≫続きを読む

介護保険を利用してバリアフリー住宅に

介護保険を利用してバリアフリー住宅に 若い世代の方が住宅を購入する際に、バリアフリー住宅にしようという方は少ないでしょう。バリアフリー住宅を真剣に考えるのは、必要に迫られてバリアフリー化することが多いと考えられます。必要に迫られてとは、近年の超高齢社会においては当たり前のように起きる“家族の介護”です。介護が必要な人だけに限りませんが、...

≫続きを読む

バリアフリー改修促進税制

バリアフリー改修促進税制 バリアフリーの改修工事をした場合、要件に該当すると住宅特定改修特別税額控除を受けられます。バリアフリー改修工事をした場合の住宅特定改修特別税額控除とは、自分が所有している自宅でバリアフリーの改修工事を行った場合に、一定金額を所得税から控除できるというものです。これは住宅ローンの利用がなくても適用され...

≫続きを読む

バリアフリーにする:玄関・アプローチ

バリアフリーにする:玄関・アプローチ 玄関とアプローチは家に出入りするための重要な場所です。そこを快適にすることで要介護者の方が屋外へ出ることに抵抗を感じなくなるでしょう。家に引きこもりがちになりやすい要介護者にとって重要なことです。多くの家屋のアプローチには段差があることでしょう。段差どころか階段もあることも普通です。これを解消あるい...

≫続きを読む

バリアフリーにする:寝室

バリアフリーにする:寝室 寝室は要介護者にとって多くの時間を過ごす場所となるでしょう。よって寝室を快適な空間とすることは重要となります。まず寝室は介護を行うこと、車椅子を利用する可能性があることから考えて洋室とすることがオススメです。そして布団ではなくベッドとしましょう。要介護者や高齢者は床に敷いた布団から立ち上がることは大...

≫続きを読む

バリアフリーにする:廊下

バリアフリーにする:廊下 廊下は各部屋を移動するにあたって重要な動線となります。部屋に引きこもりがちな要介護者や高齢者が各部屋に移動することは、身体的にも重要なことです。そこで廊下をバリアフリー化することで快適に、怪我のないように移動できるようにしましょう。ポイントは段差解消、手すりの取り付け、明るさの確保です。

≫続きを読む

バリアフリーにする:階段

バリアフリーにする:階段 バリアフリー化で大きな問題となるのが階段でしょう。1階にて生活のすべてを行うことができれば問題ありませんが、様々な理由から2階にも必要な部屋があることは普通です。まずは出来ることから始めてみましょう。簡単なのは階段に滑り止めを付けることです。ホームセンターで売っていますが、注意が必要なこととして高さ...

≫続きを読む

バリアフリーにする:トイレ

バリアフリーにする:トイレ 最近は和式のトイレという家庭は少ないようです。その和式のある家庭のほとんどは高齢者のいる家庭でしょう。洋式トイレが苦手で、好んで和式トイレを利用している方も少なくないようです。しかし、和式トイレのデメリットとして血管が圧迫されることによる身体的影響があります。座り続ける際の血管の圧迫、力み、そして立...

≫続きを読む

バリアフリーにする:浴室

バリアフリーにする:浴室 浴室のバリアフリー化は要介護者や高齢者がいる家庭では必須といえるでしょう。その理由は浴室で事故が起きた場合、重大な事故に発展することが十分考えられるからです。お風呂に入るということは、ゆっくりのんびりできるとことであり身体的、肉体的にもよいとされています。しかし、その浴室は水を使う場所であることから...

≫続きを読む

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」


認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた
親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル

ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド!
マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。


トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設