介護保険を利用してバリアフリー住宅に

スポンサードリンク

介護保険を利用してバリアフリー住宅に

介護保険を利用してバリアフリー住宅に

若い世代の方が住宅を購入する際に、バリアフリー住宅にしようという方は少ないでしょう。

 

バリアフリー住宅を真剣に考えるのは、必要に迫られてバリアフリー化することが多いと考えられます。

 

必要に迫られてとは、近年の超高齢社会においては当たり前のように起きる“家族の介護”です。

 

介護が必要な人だけに限りませんが、高齢者が生活するには日本の一般的な住宅は事故が起きやすいと言われています。

 

そこで介護が必要な方のために住宅をリフォームするケースが多くあります。

 

そのリフォームの費用を介護保険制度で支払う仕組みがあるのをご存知ですか?

 

それは介護保険制度における介護給付のひとつである“居宅介護住宅改修費”というものです。

 

これは、介護が必要な方が自宅を住みやすいようにするために手すりの取り付ける、バリアフリー化するなど住宅改修を行った際に支給されます。


居宅介護住宅改修費の支給要件

居宅介護住宅改修費の支給要件

住宅改修が介護保険の被保険者が居住する住宅において行われるもの

 

被保険者の心身の状況や住宅の状況等を勘案して市区町村が必要と認められるもの

 

上記の用件を満たす場合に限り支給されるもので、単純に介護のために必要であるという理由だけでは支給されないので注意が必要です。

 

居宅介護住宅改修費の支給額は、住宅改修に要した費用の9割に相当する額となっています。

 

つまり1割の自己負担があるということです。

 

また、支給限度額は20万円であり、20万円の100分の90に相当する額が上限です。

 

住宅改修工事は、限度額までは工事を一気に行っても、数回に分けても問題はありません。

 

また、要介護度が以前に住宅改修費用が支給されたときより3段階以上あがった場合や転居をした場合には、再度上限までの支給が可能となっています。

 

一部の市区町村では介護保険の居宅介護住宅改修費以外にも、住宅改修に対する助成金を支給しているところがあるので、お住まいの市役所等に確認することをオススメします。


認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた 親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル
ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド! マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。

トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設