バリアフリーにする:玄関・アプローチ

スポンサードリンク

バリアフリーにする:玄関・アプローチ

バリアフリーにする:玄関・アプローチ

玄関とアプローチは家に出入りするための重要な場所です。

 

そこを快適にすることで要介護者の方が屋外へ出ることに抵抗を感じなくなるでしょう。

 

家に引きこもりがちになりやすい要介護者にとって重要なことです。

 

多くの家屋のアプローチには段差があることでしょう。

 

段差どころか階段もあることも普通です。

 

これを解消あるいは軽減することで要介護者は助かります。


玄関・アプローチのバリアフリー化は重要です

玄関・アプローチのバリアフリー化は重要

要介護者や高齢者となると自分の意思よりも足が上がっていないことがあり、小さな段差でもつまづいてしまうことが多々あります。

 

また、筋力も低下していることも要因となります。

 

しかし、段差をなくした生活に慣れてしまうことも筋力や注意力の低下につながるとこも考えられますので、アプローチに手すりを取り付けることが有効と考えます。

 

車椅子利用者の場合は、段差解消は必須と考えますのでスロープが必要となるでしょう。

 

スロープは高低差があるほど長さが必要となるので、工事の施工が難しいことも考えられます。

 

このような場合には移動ができる簡易式スロープの利用をオススメします。


玄関扉のバリアフリーをオススメします

玄関のバリアフリー化の第一歩は玄関扉でしょう。

 

玄関扉は玄関の広さや洋式の家屋等の理由からドア式がほとんどです。

 

しかし、ドア式の玄関扉は開閉に力が必要等の理由から引き戸式の玄関扉がオススメです。

 

車椅子利用者の場合には特に必要でしょう。

 

引き戸には大きめの取っ手を取り付けるとより玄関の開け閉めが楽になります。

 

玄関扉のバリアフリーをオススメします

玄関内は、上がり端は大きな段差でしょう。

 

簡単に昇り降りするためのスロープや段差解消機などがありますが、相当広い玄関でなければ現実的ではありません。

 

まずは台座を置いてはいかがでしょうか。

 

さらに立ち上がりに役立つ手すりも助かります。

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた 親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル
ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド! マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。

トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設