バリアフリーリフォームを自分で行う

スポンサードリンク

バリアフリーリフォームを自分で行う

バリアフリーリフォームを自分で行う

自宅をリフォーム・バリアフリー化することは業者に依頼しなくても簡単なことならば自分でも可能です。

 

最近ではホームセンターの品揃えが充実しており、バリアフリー化の商品もたくさん扱っています。

 

バリアフリーリフォームに関してわからないことがあれば、ホームセンターの相談員に相談することをオススメします。


段差を解消する

階段の滑り止め

作業的に一番簡単なのは階段に滑り止めを取り付けることでしょう。

 

階段の滑り止め防止材のほとんどが裏面に粘着テープが付いるので、直接貼り付けるだけの簡単作業となります。

 

種類も多くあり、色も自宅の階段に適したものが見つかることでしょう。

 

同じ貼るだけ簡単作業なものには段差解消用のスロープがあります。

 

バリアフリーリフォームを自分で行う

廊下と部屋入り口にあるわずかな段差ですが、足の悪い方にとってはつまづき易く大きな事故につながることもあるのです。

 

その段差を解消するためのスロープが販売されています。

 

種類は高さが異なるもの、高さの調整が可能なもの、直線用とコーナー用があり、コーナー用には内向き、外向きがあり、これでほとんどの段差解消が可能です。


玄関の昇り降りを楽にしよう

玄関の昇り降りを楽に

玄関の昇り降りを楽にするために簡単に作成でき便利なものがあります。

 

それは玄関に置く台座です。

 

玄関の上がり口の高さがある場合には、踏み台を置くことにより段差が少なくなり昇り降り、靴を履くこと脱ぐことが楽になるでしょう。

 

玄関の広さや段差の高さによって適した台座は異なることから、様々な種類の台座が販売されています。

 

台座設置のポイントは、台座を動かないようにしっかりと固定することです。

 

台座に接続されているステーを木ねじで固定する方式であればドライバー一本で固定できます。


手すりの取り付けをしよう

手すりの取り付け

手すりは廊下や扉横、階段、お風呂場、トイレなど事故が起きやすい場所に設置すると大きな効果を発揮します。

 

手すりの取り付けを自分で行うには多少の技術や知識、工具が必要と考えます。

 

しかし、事前に調査・相談等を行えば決して難しいものではないのでチャレンジしてみましょう。

 

ポイントはそれぞれの場所に適した取り付け位置です。

 

利用者を助けることができる位置に手すりを取り付けることを考えましょう。

 

取り付ける場所によって最適な位置は異なりますので、事前に調査・相談することをオススメします。

 

手すり自体の種類も多くありますが、手すりの材質は手に馴染みやすいことから木製がよいでしょう。

 

バリアフリーリフォームを自分で行う

太さの異なるもの、表面に凹凸の付いたものなど、これも設置場所に適したものがあります。

 

手すりを固定やつなげる金具も様々な種類があります。

 

まずは採寸を行って、必要となる手すりの長さや金具の数等を考え設計図を作成してみましょう。

 

その設計図をもってホームセンターに相談すれば、専門相談員から的確なアドバイスを受けられます。


認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた 親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル
ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド! マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。

トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設