介護の基礎知識

介護を行う方のケア

介護を行う方のケア

少子化、高齢化という大きな問題を抱えている日本社会では、高齢者の介護という問題が顕著に現れてきました。

 

介護保険制度の施行により、社会全体で高齢者を支えていこうという仕組みができていますが、やはり介護を行う家族等の負担は相当なものとなっています。

 

介護を受ける立場の方も大変でしょうが、介護を行う方も肉体的・精神的負担がかかりケアが必要となるでしょう。

 

そこで介護を行っている方の家族、友人、ご近所等といった周りの人が、介護者のストレスに気づいてあげる必要があります。

 

介護者のストレスの兆候には以下のようなものがあります。

  • 介護者が腰痛になる、便秘となる、肩こりになる、頭痛になるといった身体や健康上の変化
  • 介護を必要としている方への不信感や怒りを表すようになる
  • 介護者自身の介護についての不安や不信感を表すようになる
  • 介護を行うことが原因となり、それまでの日常生活の変化に対する戸惑いや社会的孤立感
  • 上記が要因となって発生する、不眠、抑うつ、倦怠感、神経過敏、集中力の欠如といった精神的・情緒的、身体的変化

介護者にこのような兆候が出ていたとしたら、それはSOSのサインと感じてください。

 

介護者にこのようなストレス兆候が出ていたとしたら、少しでも早くストレスを取り除いてあげることが対処法となります。

 

全てのストレスを取り除くことは難しいでしょうが、辛くない介護を実践できるよう心構えを挙げてみます。

  • 介護を自分ひとりで行おうとしないで、他の家族や親族も当事者として担当してもらう
  • 介護保険制度を有効に利用して、介護から離れる時間を作る
  • 仕事や趣味といったことを継続して、今までの自分の生活を変えないようにする
  • 介護に関する愚痴を言うことができる仲間を作る
  • 常に健康管理に気を配り、万全な体調を整えておく

介護を行う方は介護の基本的な知識の習得は必須

介護施設について

介護という言葉は、1970〜1980年頃使われるようになってきたと言われています。その後、日本社会が高齢化となってきたことにより老人福祉法だけでは対応できず、社会全体で高齢者介護の問題を担っていくという考えから施行された介護保険法により、高齢者が自宅にて自立した生活を送ることができるようにする在宅サ...

≫続きを読む

介護サービスとは

介護保険制度の発足前の介護施設の利用目的というものは、様々な要因により自宅にて介護を行うことができないことから介護施設に入所してもらうというものが多くありました。しかし、現在の介護保険施設の利用目的は大きく異なります。介護施設に入所しなければならないような介護状態となってしまっても、介護施設に入所す...

≫続きを読む

介護保険制度

介護保険制度が施行された背景としては、日本社会が少子化と超高齢化の二つを同時に迎えたことにあります。超高齢化によって介護のニーズが急速に増えてきた一方、少子化によって介護を行う側の家族等の経済的・精神的負担も増えていきます。まさに悪循環となってしまうのです。そこで介護という行為を家族だけの問題としな...

≫続きを読む

有料老人ホーム選び

有料老人ホームとは、高齢者等を入居させ、入浴や排泄若しくは食事の介護、食事の提供またはその他の日常生活上必要な便宜であって、洗濯、掃除等の家事または健康管理といった厚生労働省令で定めるものを供与する事業を行う施設であって、老人福祉施設、認知症対応型老人共同生活援助事業を行う住居、適合高齢者専用賃貸住...

≫続きを読む

高齢者住居

高齢者向けの住宅においては様々な種類のものがあります。一般的なものをいくつか挙げてみます。しかし、食事の提供や入浴などのサービスの有無及び内容については施設により異なりますので、あらかじめご了承ください。

≫続きを読む

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」


認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた
親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル

ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド!
マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。


トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設