介護施設について

介護を理解する

介護を理解する

介護という言葉は、1970〜1980年頃使われるようになってきたと言われています。

 

その後、日本社会が高齢化となってきたことにより老人福祉法だけでは対応できず、社会全体で高齢者介護の問題を担っていくという考えから施行された介護保険法により、高齢者が自宅にて自立した生活を送ることができるようにする在宅サービスや、入所・入院しても自宅療養を目指す施設サービスが社会に浸透してきました。

 

介護の言葉の意味は、寝たきりの高齢者や障害者、病人等日常生活において介助がないと支障が出る方の自立をサポートすることとなっています。

 

介護サービス

自立をサポートするといいますが、その内容は食事や排せつ、入浴など日常生活上の世話や機能訓練等を行ないます。

 

最近では介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャー(介護支援専門員)等の専門職の資格を取る方が増えており、介護に関する注目度が高いといえるでしょう。

 

介護保険制度が施行されたことにより、介護サービスが定義されました。

 

訪問介護や訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、デイサービス、デイケアなどの居宅サービス、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、介護療養型医療施設などの施設サービスに分類することができます。

 

これらの介護サービスを利用するには、市町村の要介護認定を受ける必要があります。

 

この要介護度も段階により区分けされており、要介護度1〜5、要支援1・2となっています。

 

また、介護サービスを提供しているものには、地方公共団体等が運営している公的な施設介護サービスだけではなく、民間の介護サービス事業者が提供しているものもあります。

 

高齢者住宅・特別養護老人ホーム

そのひとつに「高齢者住宅」というものがあります。

 

高齢者住宅には、用途や目的、要介護度、サービスの内容、入居予定期間などによって様々な種類があります。

 

高齢者住宅の利用をお考えの場合には、入居要件に該当しているかだけでなく、入居する高齢者の希望などを考慮した上でじっくり検討してから決定することをお勧めします。

 

数多くある高齢者住宅の中で特別養護老人ホームは入居希望者が多く、ほとんどの特別養護老人ホームでは空き待ちの状態であり、待機予定者が多数いるといわれています。

 

このことから特別養護老人ホームに入居できるまでには相当の時間がかかると考えておいたほうがよろしいでしょう。

 

高齢者住宅と呼ばれるものには数多くのタイプがあります。

 

有料老人ホームや軽費老人ホーム、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、介護老人保険施設、グループホーム、ケアハウス、高齢者マンション、シニア向け住宅(シルバーハウジングやシルバーマンションなど)、公社と連携した高齢者向け優良賃貸住宅など様々なタイプのものがありますので、目的や用途に合わせて比較検討をしてみましょう。


介護施設を理解してあなたの家族に適したものを探しましょう

代表的な老人福祉施設

代表的な老人福祉施設 老人福祉施設の種類としては以下のものがあります。特別養護老人ホームこの特別養護老人ホームは「介護老人福祉施設」とも呼ばれるものです。この施設では、要介護者(原則65歳以上)に対して、介護保険制度における施設サービス計画に基づいて、入浴や排泄、食事などの介護その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理...

≫続きを読む

老後の住居確保問題

老後の住居確保問題 超高齢社会に突入してしまった日本社会では、国民の老後の問題が注目されています。その問題のひとつに、老後の住宅確保の問題があります。この問題を解決する策のひとつに「高齢者向け共同住宅」というものがあります。この高齢者向け共同住宅が利用されるようになると、問題点が見られるようになりました。まずは実際に高...

≫続きを読む

老人福祉施設の種類

老人福祉施設の種類 老人福祉施設と呼ばれるものには様々なものがあります。一般的には、軽費老人ホーム、老人デイサービスセンター、老人短期入所施設、老人介護支援センター、特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、老人福祉センターなどがあります。これらの施設を利用できる者は施設によって異なりますので、以下に簡単に説明します。軽費老...

≫続きを読む

介護施設−介護保険利用できず入所するもの

介護施設−介護保険利用できず入所するもの 介護施設といいましても様々なものがあります。大きく分けますと、費用に大きな差が出る介護保険制度が利用できる介護施設と介護保険制度が利用できない介護施設に分けられます。さらに、その中でも要介護者が入所する形式のものと在宅にて介護を行いながら利用する介護施設があります。ここでは、介護保険制度の利用できず...

≫続きを読む

介護施設−介護保険利用で入所しないもの

介護施設−介護保険利用で入所しないもの 介護施設といいましても様々なものがあります。大きく分けますと、費用に大きな差が出る介護保険制度が利用できる介護施設と介護保険制度が利用できない介護施設に分けられます。さらに、その中でも要介護者が入所する形式のものと在宅にて介護を行いながら利用する介護施設があります。ここでは、介護保険制度が利用できる...

≫続きを読む

介護施設−介護保険利用で入所するもの

介護施設−介護保険利用で入所するもの 介護保険法が成立した背景には、介護が必要となってしまっても自立した日常生活を送ることができるように、必要とされる介護サービスを提供するために成立したとされています。しかし、この他にも介護のために長期間にわたって病院等に入院するという社会的入院の問題を解決するために成立したともされています。介護保険制...

≫続きを読む

食事等のサービスを提供する老人福祉施設

食事等のサービスを提供する老人福祉施設 食事等のサービスを提供する老人福祉施設には、以下のようなものがあります。養護老人ホーム養護老人ホームとは、原則として65歳以上の者で、環境上の理由及び経済的理由により居宅において養護を受けることが困難なものを入所させ、養護するとともに、自立した日常生活を営み社会的活動に参加するために必要な指導、訓練...

≫続きを読む

介護老人保健施設の基礎知識

介護老人保健施設の基礎知識 介護老人保健施設とは、介護老人福祉施設(特別養護老人ホームのこと)、介護療養型医療施設と並ぶ介護保険施設のうちの一つとなっています。介護老人保健施設では、入所者に対し個々の施設サービス計画に基づいた看護、医学的管理の下における介護及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上の世話を行うことにより、自...

≫続きを読む

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設 介護療養型医療施設とは、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設と同様に介護保険施設のひとつとなっています。この介護療養型医療施設は、医療法に規定する療養病床を有する病院や診療所であって、療養病床に入院する要介護者に対して施設サービス計画に基づいて、療養上の管理、看護、医学的管理の下における介護その他の...

≫続きを読む

軽費老人ホームとは

軽費老人ホームとは 老人ホームとは、一般的に高齢者が入居して生活するための施設の総称と言われています。その中でも有名なものは、老人福祉法にて規定されている特別養護老人ホームではないでしょうか。この特別養護老人ホームは、介護保険制度においては介護老人福祉施設と呼ばれています。このような老人ホームは福祉的要素が強く、介護や...

≫続きを読む

痴呆性高齢者グループホーム

痴呆性高齢者グループホーム 介護保険制度における居宅サービスの一つに「痴呆対応型共同生活介護」というものがあります。この痴呆対応型共同生活介護という聞きなれない言葉ですが、「グループホーム」といえば聞いたことがある方も多いことでしょう。このグループホームは、介護保険制度にて要介護の認定を受けた方が対象となる介護サービスとなって...

≫続きを読む

痴呆性高齢者グループホームを理解しよう−その1

痴呆性高齢者グループホームを理解しよう 痴呆性高齢者グループホームとはどのような施設かご存知ですか?痴呆性高齢者グループホームとは、中程度の痴呆性高齢者が家庭的な雰囲気の中で各人のこれまでの生活を尊重されつつ、専門の職員の支援を受けながら少人数で共同生活を送るための住居のことです。現在は、介護保険制度において「痴呆対応型共同生活介護」とし...

≫続きを読む

痴呆性高齢者グループホームを理解しよう−その2

痴呆性高齢者グループホームを理解しよう 痴呆性高齢者グループホームを理解しましょう。痴呆性高齢者グループホームの誕生の背景現在の日本社会は高齢社会を迎え、痴呆性高齢者など援護を必要とする高齢者の増加が予想されています。核家族化や生活スタイルの変化など、身近な地域社会をはじめ生活環境が大きく変化するなかで、高齢者がどのように地域の中で暮らし...

≫続きを読む

痴呆性高齢者グループホームを理解しよう−その3

痴呆性高齢者グループホームを理解しよう 痴呆性高齢者グループホームを理解しましょう。痴呆性高齢者グループホームの設置形態グループホームの設置形態は、運営方法や地域性などによって様々なものがあります。単独型民家の改造、新築の一戸建てを利用して単独で設置するものです。併設型特別養護老人ホームや介護老人保健施設等の入所施設と同一敷地内に設置する...

≫続きを読む

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」


認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた
親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル

ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド!
マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。


トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設