痴呆性高齢者グループホーム

スポンサードリンク

痴呆性高齢者グループホーム

痴呆性高齢者グループホーム

介護保険制度における居宅サービスの一つに「痴呆対応型共同生活介護」というものがあります。

 

この痴呆対応型共同生活介護という聞きなれない言葉ですが、「グループホーム」といえば聞いたことがある方も多いことでしょう。

 

このグループホームは、介護保険制度にて要介護の認定を受けた方が対象となる介護サービスとなっています。

 

この施設にて行われる介護サービスは、痴呆の状態である数人の高齢者が共同生活を営む住居にて、入浴や排泄、食事等の介護や日常生活上の世話を行うこと及び機能訓練を行う介護サービスが提供されます。

 

グループホーム

このようなグループホームの定員はわずか5〜9名という少人数が一般的であり、共同生活を行うことによって痴呆の症状に改善の効果があるということから利用者が増えています。

 

さらに利用者やその家族からの声として、「マイペースで生活出来る」「家庭的」などの理由で人気があり、利用者数がさらに増加する傾向にあります。

 

グループホームを利用したい希望者が多いことから、介護保険制度が施行された時から比較するとその施設の数は急増して今では全国に約2000施設程度あるといわれています。

 

さらに平成12年の厚生労働省におけるゴールドプラン21と呼ばれる今後「5ヵ年間の高齢者保健福祉施策の方向」という方針の中では、平成16年度までに3200ヶ所に増やす計画を立てています。

 

しかし、この計画通りにグループホームが増えたとしても、急速な高齢化が進む日本社会では、その数は充分とはいえないでしょう。

 

グループホームは、そのほとんどの施設が市街地に開設されているケースが多く見受けられます。

 

グループホーム

市街地という立地状況から地域と交流を持つことができるなど、閉鎖的とされている介護施設などとは異なり、今後ますます注目される介護サービスといえるでしょう。

 

このような、介護を受ける者が自立した生活を送る、地域と交流を持つことができるといったことが、痴呆症の症状が改善される要因なのかもしれません。

 

また共同生活といいましても、プライバシーの関係から個室があるグループホームも多いことから、訪ねてくる家族にとっても水入らずの空間を作ることができることから 好評なようです。

 

しかし、全ての施設がそのような個室設備があるわけではなく、特別養護老人ホームや老人健康保健施設などと併設されている所も数多くあり、外出が制限されているなど管理やケアの方法が異なる場合もありますので、利用を考えている家族の方は事前に確認することをお勧めします。

 

グループホームを利用するに当たっての現実的な問題としては利用料金があります。

 

一般的にグループホームの利用料金は、一ヶ月あたり7万〜15万円程度というものが多く、この他にも介護保険制度の費用の1割を負担する必要があります。

 

グループホームの利用は、他の介護施設と比較してメリットが多いことから、利用料金は割高となる傾向にあります。

 

このことから、公的年金だけが収入である方が入所することは現実的に厳しく、家族の方が金銭的な援助を行うことが必要なケースもあるということも知っておきましょう。

 

グループホームの利用料金が高額となってしまう要因の一つとしては、施設設置の建設費や土地代及び人件費などの経費が掛かることがあり、これらは抑えることが難しいということのようです。


認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた 親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル
ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド! マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。

トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設