痴呆性高齢者グループホームを理解しよう−その2

スポンサードリンク

痴呆性高齢者グループホームを理解しよう−その2

痴呆性高齢者グループホームを理解しよう

痴呆性高齢者グループホームを理解しましょう。

痴呆性高齢者グループホームの誕生の背景

現在の日本社会は高齢社会を迎え、痴呆性高齢者など援護を必要とする高齢者の増加が予想されています。

 

核家族化や生活スタイルの変化など、身近な地域社会をはじめ生活環境が大きく変化するなかで、高齢者がどのように地域の中で暮らしていくかということが、本人のみならず、家族やさらには地域社会にとって重要な課題となっているのです。

 

痴呆性高齢者など援護を必要とする高齢者でも、地域とのつながりのなかで、それぞれの生活を支える適切なサービスを利用することが可能であれば住み慣れた地域である程度自立した生活を送ることができるでしょう。

 

グループホーム

しかし痴呆性高齢者の場合は、身体的なケアだけでなく精神的なケアも重要となることから、従来の身体的な援護を中心とする介護技術だけでは痴呆症に対し限界があり、効果的なサービスが模索されてきたということが現状でした。

 

そのような状況下において、本人、家族、介護関係者といった介護の当事者の願いや求めに応じて自然発生的に発展してきた介護のあり方がグループホームと言えます。

 

その基本には、痴呆性高齢者の「問題」とみなされる行動はケアによって緩和できるという考えがあります。

 

このような理念に基づき、一人一人の生活環境を整え高齢者が少人数の人間関係のなかで職員の支援を受けながら、それぞれが能力に応じた食事の支度、掃除、洗濯などの役割を担い、「普通」の生活を送ることを支援する施設として誕生したものがグループホームなのです。

 

痴呆性高齢者グループホームの歴史的な経緯

痴呆性高齢者グループホームは歴史的にみると、スウェーデンにおいて痴呆性高齢者の社会的入院や施設での拘束などが指摘されたことから、施設から在宅へ政策転換が図られた1980年中頃から整備され始めました。

 

その後、グループホームの効果が認められ現在世界的に普及し始めています。

 

日本では、1980年代後半に対象者を痴呆の人に限定しないグループホームが誕生し、その後90年代に入り痴呆専用のグループホームの運営が各地で始まりました。

 

グループホーム

1990年後半からその数も急増し、その数は2800箇所を超え、今なお増え続けています。

 

制度的には、1995年の国のモデル事業を経て、1997年に痴呆性高齢者を対象としたグループホームを「老人デイサービス運営事業実施要綱」の中で「痴呆対応型老人共同生活援助事業」として市町村が社会福祉法人等に委託して実施する場合に補助するものとして事業化されました。

 

その後2000年の介護保険制度施行に伴って、「痴呆対応型共同生活介護」として介護保険サービスの一つと位置付けられました。

 

また、1999年に策定された「今後五ヵ年間の高齢者保健福祉施策の方向( ゴールドプラン21)」においても、今後5年間のサービス量の見込みとして3200か所の整備目標が掲げられています。


認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた 親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル
ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド! マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。

トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設