痴呆性高齢者グループホームを理解しよう−その3

スポンサードリンク

痴呆性高齢者グループホームを理解しよう−その3

痴呆性高齢者グループホームを理解しよう

痴呆性高齢者グループホームを理解しましょう。

 

痴呆性高齢者グループホームの設置形態

グループホームの設置形態は、運営方法や地域性などによって様々なものがあります。

単独型

民家の改造、新築の一戸建てを利用して単独で設置するものです。

併設型

特別養護老人ホームや介護老人保健施設等の入所施設と同一敷地内に設置するものです。

合築型

マンションやビル等の1フロアを利用して設置するものです。
同一建物内に、居宅介護支援事業所やデイサービスセンターなどの複数のサービス機能をあわせて設置する事例もあります。

 

痴呆性高齢者グループホームの運営者に必要とされる点

痴呆性高齢者グループホームというものは、高齢者に何もさせず、単にお世話するという施設ではありません。

 

グループホーム

痴呆性高齢者自身の自立支援を目的とした施設であり、いくつかの特徴があります。

 

痴呆性高齢者グループホームを設置・運営するためには、人材やケアといったソフトウェアの面と、施設や設備といったハードウェアの両面にわたって、痴呆性高齢者グループホームの特徴が備わっているか留意する必要があります。

 

痴呆性高齢者グループホームの特徴について詳細に確認しておきましょう。

 

「各人のこれまでの生活を尊重」した「少人数」の生活の場であること

少人数であることで、個々の入居者の身体的、知的な残存能力を的確に把握することができ、個性を尊重した処遇が可能となります。

 

また少人数であることが、人間関係を築きにくいといわれる痴呆性高齢者であっても相互を認識することが比較的容易になり、信頼関係を確立することに対して大変効果的となっています。

 

よって利用者の居室というものは、これまで使い慣れた家具や思い出の小物などを持ち込めるような十分な広さの個室が必要となります。

 

「共同生活」が送れる場であること

グループホーム

個々の入居者が集団のなかで役割を持つことによって、入居者全員の連帯感を構築することができます。

 

また、普通に暮らす生活自体がリハビリ行為となることから、環境が変わったことによる混乱からくる問題行動を和らげる、失った記憶を呼び覚ますなど痴呆の進行を抑制する効果を期待することができます。

 

よって居室は個室であったも、炊事、洗濯、掃除などは協力し合いながら行うことが一般的となっていることから、共同で作業ができるようにゆとりを持ったスペースが必要となります。

 

一緒に作ったものを一緒に食べるという連帯感を醸し出すためにも、台所と食堂は一体として設計した方が効果があると言われています。

 

家庭的で落ち着いた雰囲気であること

痴呆性高齢者の問題行動を緩和するためには、不安にさせないことが効果的だと言われています。

 

そのためには自宅と同じように家庭的で、落ち着いた雰囲気を作り出す必要があります。

 

痴呆性高齢者グループホームの設計に当たっても、「施設を建設する」という視点ではなく「住宅を建設する」という視点で設計することが重要なポイントとなります。

 

家庭的で落ち着いた雰囲気を作り出す方法のひとつとして、照明や色使いなどを工夫することがありますが、それと同時に段差の解消や手摺りなどのバリアフリーへの対応も必要となります。

 

専門的な知識と技術を持つ職員がケアを行うこと

グループホーム

痴呆性高齢者グループホームに入所する入居者個々の残存能力を的確に把握すること及び個性を尊重した処遇を行うためには、痴呆性高齢者に対する専門知識と介護技術を身につけた職員を配置することが重要なポイントとなります。

 

ケアを担当する職員は、知識や技術を向上させるための研修を受講することや自己研鑽が必須となるでしょう。

 

なお、介護保険制度における指定事業者となるためには、グループホームの管理者と計画作成担当者には研修が義務づけられています。

 

「地域」とのつながりがあること

痴呆性高齢者グループホームの利用者が地域社会の一員として生活することは、利用者にとってこれまでどおりの普通の生活を送ることを意味します。

 

家族や地域の人たちが気軽に立ち寄れる今までどおりの環境を構築することが痴呆性高齢者の介護にとっては大変重要なポイントとなります。

 

また、地域社会の理解や支援を受けることで利用者の生活空間も広がりますので、地域とのつながりは必須といえるでしょう。

 

サービスの質を評価すること

痴呆性高齢者グループホームは密室性が高いことから、利用者保護の体制整備を図ること、利用者の立場に立ったよりよいケアを目指し常にサービスの質の改善を図ることが求められています。

 

このことから、提供するサービスの質について「自己評価」をおこない、さらに「外部機関の評価」を受け、その結果を公表することが義務づけられています。


認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた 親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル
ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド! マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。

トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設