介護保険制度

介護保険制度が施行された背景

介護保険制度が施行された背景

介護保険制度が施行された背景としては、日本社会が少子化と超高齢化の二つを同時に迎えたことにあります。

 

超高齢化によって介護のニーズが急速に増えてきた一方、少子化によって介護を行う側の家族等の経済的・精神的負担も増えていきます。

 

まさに悪循環となってしまうのです。

 

そこで介護という行為を家族だけの問題としないで社会全体で支えていかなければ、少子高齢化の日本社会は持ちこたえることができなくなるということから、介護保険制度が整備されました。

 

介護保険法の施行により、増大する介護のニーズと介護を行う側の精神的負担については介護サービス事業者が対応することで解消し、介護を行う側の経済的負担については社会全体で支えるという考えから、一定範囲の国民から介護保険料を集め解消することとしました。

 

介護保険制度の発足により大きく変わった点としては、以前は介護の必要性及び介護サービスの内容については市町村が一方的に決めていました。

 

しかし現在では、介護の必要性については市町村の認定が必要となりますが、介護サービスの内容については介護を受ける側で選択することができるようになりました。

 

介護保険制度が施行された背景

介護サービスにつきましては、専門家であるケアマネージャー(介護支援専門員)が要介護認定を受けた介護が必要な方やその家族と共に、相談に応じながら適切な介護サービスが受けられるように、居宅サービス計画や施設サービス計画(ケアプランという)を作成していきます。

 

このような介護サービスは誰もが受けられるものではなく、介護保険法における被保険者でなければなりません。

 

介護保険法における被保険者には、第1号被保険者とされる65歳以上の者と第2号被保険者とされる40歳以上65歳未満の医療保険加入者が対象となっています。

 

さらに介護が必要として市町村から認められる必要があります。

 

特に第2号被保険者においては、特定疾病と呼ばれる加齢に伴って生ずる疾病により介護が必要となってものに限られます。

 

介護保険制度を利用した介護サービスの料金については、介護保険制度において負担する分が9割となっていますので、利用者の負担は介護給付費の1割を自己負担分として支払うことになります。

 

ただし、交通費や食費といった費用につきましては介護サービスを利用した者の全額負担となり、介護保険制度にて給付されるものは限られているのです。


介護保険制度を理解しよう

介護保険制度の改正と今後

介護保険制度の改正と今後 平成12年4月に介護保険法が成立しました。その際に5年を目途に見直すと規定しましたが、平成19年に利用料の値上げや介護認定区分の変更など大幅な見直しが行われました。厚生労働省では、急速な高齢化に伴う医療費の増大を抑制ことを目的として、療養病床数と入院日数を減らす方向性を打ち出しています。介護保険制度...

≫続きを読む

要介護・要支援の内容

要介護・要支援の内容 介護保険制度における要介護・要支援というものをご存知ですか?これは介護保険制度にて市町村から認定されるもので、要介護度等によって利用することができる介護サービスが異なります。要介護の症状の目安はどのようなものでしょうか。以下に説明していきます。自立:介護の必要がないと判断された状態「自立」と判断され...

≫続きを読む

介護保険制度の被保険者とは

介護保険制度の被保険者とは 介護保険制度の対象となる者は、被保険者と呼ばれ以下の二つに区分されます。市町村の区域内に住所を有する65歳以上の者市町村の区域内に住所を有する40歳以上65歳未満の医療保険加入者このように40歳以上の方は全員が被保険者となるので、健康保険において被扶養者として扱われている方であっても、介護保険制度に...

≫続きを読む

介護保険料の基礎知識

介護保険料の基礎知識 介護保険制度の保険料は、40歳から払い込みが始まり、一生涯続く社会保険制度となっています。介護保険料の徴収について説明していきましょう。第1号被保険者の保険料介護保険料の徴収は市町村が行います。市町村は、介護保険事業に要する費用に充てるため、第1号被保険者に対して政令で定める基準に従い、条例で定める...

≫続きを読む

介護施設の一つである介護老人保健施設

介護施設の一つである介護老人保健施設 介護老人保健施設は、介護保険法第94条にて規定されている介護保険施設の一つとなっています。この介護老人保健施設は“ろうけん”とも呼ばれ、介護保険施設サービスを行う施設として都道府県知事に開設の申請を行い、その許可を受けたものをいいます。この介護老人保健施設にて提供される介護サービスは、介護保険施設サ...

≫続きを読む

介護保険制度を利用できる高齢者住宅

介護保険制度を利用できる高齢者住宅 介護保険制度が提供する介護サービスを利用することができる高齢者住宅には以下のものがあります。介護付き有料老人ホームこの介護付き有料老人ホームにて介護サービスを受けるには、その介護付き有料老人ホームが「特定施設入居者生活介護」の指定を受けている必要があります。この介護保険制度における特定施設入居者生活...

≫続きを読む

社会福祉事業とは

社会福祉事業とは 特別養護老人ホームなど社会福祉を目的とする施設を経営する事業を総称して社会福祉事業といわれています。法律上は社会福祉法にて規定されており、社会福祉事業には第1種社会福祉事業と第2種社会福祉事業とがあり、そのいずれにも該当しないものは社会福祉を目的とするものであっても社会福祉事業とはいいません。第1種...

≫続きを読む

社会福祉法人とは

社会福祉法人とは 社会福祉法人とは、社会福祉事業を行うことを目的として、社会福祉法に基づき設立される法人のことです。老人ホームの運営などに代表される社会福祉事業というものは、公共性が著しく高いものです。したがって、市町村が行う公共サービスと事実上同じ性格を有するものと考えられることから、事業の運営を「私物化」すること...

≫続きを読む

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」


認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた
親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル

ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド!
マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。


トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設