認知症に対する誤解

スポンサードリンク

認知症に対する誤解

認知症に対する誤解

認知症は病気によって引き起こされています。

 

では、認知症にかかっている方自身はどのような状況なのでしょうか?

 

認知症の方は自分が認知症であるということを理解できない傾向にあるといわれています。

 

しかし、一般的に認知症の症状として”物忘れ”が知られていますが、認知症だからといって全てのことを忘れてしまっている訳ではありません


全てを忘れてしまっている訳ではありません

全てを忘れてしまっている訳ではありません

例えば、他人に迷惑を掛けている認識さえない、物忘れによって不安さえも忘れてしまっているなんてことはありません。

 

自分は認知症であるという明確な認識がなくても、「迷惑を掛けてしまった、どうしよう。」「今までできたことが、できなくなっている!」というように不安を抱えているのです。

 

周りの人間が認知症の方に対して間違った認識をもっていることは、お互いに不幸なことです。

 

認知症の方だからといって、何もかも忘れてしまうわけではありません

 

今まで簡単にできていたことが、できなくなってしまった、今まで覚えていたことが、思い出せなくなってしまったということが認知症の方に起こり、大変な不安を抱えているのです。

 

このような症状は進行していくことが多いことから、簡単にできていたことが相当な時間を掛けないとできない、さらに、このことをうまく言葉や態度によって他人に伝えることができないという状態になっていきます。

 

もしも、自分がこのような症状になったらどのように感じるでしょうか。

 

不安で仕方なくても、それをうまく伝えることさえできないのです。

 

認知症の方の多くは、このように不安を常に抱えているということをしっかりと認識しておきましょう。


生活の変化に対して大きな不安を抱えている

生活の変化に対して大きな不安を抱えている

認知症の方は今まで簡単にできていたことができなくなるといった重大な生活の変化に対して不安を抱えています

 

このような不安を抱えながら生活をしていると、当然のごとく疲れるのです。

 

周りから見ればた、たいした行為をやっているように見えないかもしれませんが、認知症の方にとっては今までは簡単にできていた行為が、今はじっくり考えて思い出してからでないとその行為ができないということがあるのです。

 

このことを周りの人間が理解しないで、「何をぐずぐずやっているの」「疲れた、疲れたといってだらだらしないで」「寝ていないで、しっかりと動いてよ」などという言葉を掛けてはいけません

 

認知症によって、生活環境に合わせることが難しくなってしまうと、肉体的にも精神的にも疲れます。

 

よって、疲れないようにするために外出を控えるようになったり、今まで自分でできていたことをやらなくなったり、人から頼まれたことをやらないようになります。

 

また、自分がやると失敗してしまう考えもあるので、自ら何かをやろうという気が起きないのです。

 

このような状況を理解してあげないで、一方的にガミガミと言うことは大きな間違いです。

 

認知症の方からすると、今まで簡単にできていたことができない状況で、不安やイライラを抱えているのに、さらに家族等からあれこれ言われ、そのことをうまく伝えることができない状態なのですから、たまったものではありません。

 

周りの人間がキチンと理解してあげるところから、全てが始まるのです。


認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた 親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル
ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド! マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。

トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設