認知症の方に対する対応事例

認知症の方に対する対応事例

認知症の方に対する対応事例

ここでは認知症の方に対する対応事例を紹介します。

 

対応方法は一般的なものであり、個々に感情や習慣などが異なることからそのまま活用することは出来ないかもしれませんが、ヒントになることは間違いありません

 

認知症の症状を理解することは介護をする家族にとっては大変重要なことなのです。


対応事例を参考にして互いに負担のない介護を

「ごはんはまだ?」といった物忘れ

「ごはんはまだ?」といった物忘れ 「ごはんはまだ?」といった物忘れの対応方法としては、話題を変えて“忘れること”を利用しましょう。ご飯を食べたばかりにもかかわらず、食べたことを忘れてしまって食事を催促することは認知症の方によくみられる症状です。この場合大切なことは、食事を食べたという事実を争うことではなく、補本人に納得してもらうこと...

≫続きを読む

「財布を盗まれた」といった妄想

「財布を盗まれた」といった妄想 「財布を盗まれた」といった妄想を認知症の方は持つことがあります。財布をなくしてはいけないと引き出しなどに保管しても、その保管場所を忘れてしまうことがあります。その際に「財布を誰かに盗まれた」と妄想してしまうのです。このようなことを訴えてきたとしても、そのときの感情に任せて以下のようなことを言ってはな...

≫続きを読む

外出して家に帰れなくなるといった徘徊

外出して家に帰れなくなるといった徘徊 認知症の方には外出して家に帰れなくなることがあります。いまだ現役であると勘違いして通勤しようとしてしまったり、突然外出するなど徘徊してしまう症状が出て、その結果家に帰ることが出来なくなるのです。「家に帰らなくちゃ」と言って黙々と歩き続けるといった行動をとってしまうこともあります。このような行動をとっ...

≫続きを読む

怒りっぽくなって攻撃的になるといった性格変化

怒りっぽくなって攻撃的になるといった性格変化 認知症の方の症状として怒りっぽくなって攻撃的になるというような性格が変化することがあります。何でもないこと、些細なことに腹を立てて攻撃的になる人がいるのです。このような症状の原因の多くは、感情をコントロールする能力が低下したことや、自分の思いを上手に表現することが出来なくなったもどかしさが考えられま...

≫続きを読む

「あなたは誰ですか?」といった人物誤認

「あなたは誰ですか?」といった人物誤認 「あなたは誰ですか?」といった人物誤認の症状があります。長年一緒に住んできた家族に対して「あなたは誰ですか?」と言ってしまうことがあります。家族にとっては大変ショッキングな出来事になると思いますが、本人にとってはその部分の記憶が完全に抜け落ちてしまうので仕方のないことです。このような場合には、感情的...

≫続きを読む

失禁や不潔行為といった問題行動

失禁や不潔行為といった問題行動 失禁をしてしまう、便に触ってしまうなどの不潔行為といった問題行動を認知症の方は起こすことがあります。この問題行動は介護を行う家族がもっとも気を使い、めいってしまうものです。失禁や不潔行為といった問題行動の多くは、失敗したことを隠したいという羞恥心や自尊心の現れとされているので、問題行動に対して厳しき...

≫続きを読む

認知症高齢者の気持ちを理解する

認知症高齢者の気持ちを理解する 認知症高齢者の気持ちとして、自分が認知症患者であるという自覚はありません。自ら「最近ぼけてきた!」と言っていても、自分が認知症であることを理解しているわけではなく、謙遜している場合や周囲からいつも言われていることを口癖のように言っている場合がほとんどで、自分の行動にプライドを持っていることが多くあり...

≫続きを読む

高齢者認知症患者に対する注意点

高齢者認知症患者に対する注意点 高齢者である認知症患者と一緒生活するに当たり、不用意な事故等は避けたいものです。未然に防ぐことができる事故は可能な限り防ぐ必要があり、事故により取り返しのつかない事態になることも十分に考えられます。そこで注意しなくてなならないことを以下に挙げます。事故を未然に防ぐために1.転倒に対する予防措置を講じ...

≫続きを読む

認知症高齢者の介護手順

認知症高齢者の介護手順 一緒に住む家族が、最近何となく変な行動や言動をするなどの認知症と感じるような症状が出た時には、以下のような手順を参考にしてそれぞれの家庭にて方法を考えてみましょう。認知症に一番初めに気付くのは同居の家族です。そして早期発見・早期受診が後の介護負担にも大きな影響を与えることになります。1.さりげなく変...

≫続きを読む

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」


認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた
親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル

ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド!
マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。


トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設