高齢者認知症患者に対する注意点

スポンサードリンク

高齢者認知症患者に対する注意点

高齢者認知症患者に対する注意点

高齢者である認知症患者と一緒生活するに当たり、不用意な事故等は避けたいものです。

 

未然に防ぐことができる事故は可能な限り防ぐ必要があり、事故により取り返しのつかない事態になることも十分に考えられます。

 

そこで注意しなくてなならないことを以下に挙げます。

 

事故を未然に防ぐために

1.転倒に対する予防措置を講じる

転倒に対する予防措置としては、滑りやすい物を床や廊下に置かない、バリアフリー化して段差をなくす、廊下や階段、お風呂場などに手すりをつける、夜間移動のために廊下などの照明をつけておくことなどが有効です。

 

2.火災に対する注意点

火の不始末といった火災に対する予防としては、室外の元栓を閉める、電磁調理器を使用するといったことがあります。

 

3.やけどに対する注意点

暖房器具や電気ポットは使い方を分からずにやけどをすることがあります。

 

やけどの可能性のある家電等は使用できないようにすることも対策のひとつです。

 

4.個室となるトイレや風呂場のリフォーム

高齢者認知症患者に対する注意点

個室となるトイレや風呂場をバリアフリー化や手すりを付けるなど認知症の高齢者が使い易いように、また介護者が介護し易いようにリフォームしましょう。

 

また、トイレの場所が分かりやすいように目印を付けることやトイレ・お風呂場は外からも開けられるようにすることが必要です。

 

5.家族を傍に置きたがる場合の対策

家族を自分の傍に置きたがる場合には、家族の声が録音されているテープ等を聞かせたり、ビデオ等を見せることが有効とされています。

 

6.転び癖がある場合

よく転倒する癖がある認知症高齢者を介護している方は、頭を打ち付けていないか確認するようにしましょう。

 

頭を打っている場合には、頭蓋内に血腫ができていることもありますので、早急に脳外科検査を受診させる必要があります。

 

7.認知症高齢者の生活環境

認知症高齢者の生活環境を、可能な限り今までの生き方を継続できるような配慮をしましょう。

 

認知症の方は新しいことを覚えるのが苦手なことから、過去の記憶などで毎日過ごせるような環境作りをして、周りを既知の物や過去の雰囲気で包むようにすることがオススメです。

 

8.家族や親戚の意思統一

高齢者認知症患者に対する注意点

重要な事項の決定については、家族や親戚の合意の上決定するなど、家族や親戚の意思統一を図ることが重要です。

 

家族の理解と思いやりがどれだけ得られるかが、介護を行う者の疲労度に影響します。

 

よって家族の理解等が得られないと、家庭不和や離婚騒ぎに発展してしまいことがあるので注意しましょう。

 

認知症高齢者にとって、孫が友達的な関係でよい役割を果たしてくれることもありますので検討してみるとよいでしょう。

 

親戚との話し合いに際して、身内に認知症患者が居ることをよく思わない親戚がいることや、普段協力的でないもにかかわらず何かあると「何も聞いていなかった」と不満を言うことも考えられるので注意しましょう。

 

9.認知症高齢者の介護計画

高齢者認知症患者に対する注意点

認知症高齢者の状態が全体の過程の中でどの段階にあるのか、今後どのような事態が予想されるのか、そのためには現時点でどんな準備をしておけばよいのか・・・というように全体の流れの中に現在の状態を位置付け、常に先手先手を打って対処しましょう。

 

こうすれば事後処理的な受身の介護ではなく、予防的な介護を行うことが出来るので、心理的にも疲れにくくなると考えます。

 

10.認知症高齢者の介護をするにあたっての心構え

100%完全な介護を行うことを求めるのではなく、様々な試行錯誤の中から現在の状態を少しでも改善していくという形で、一番無理のない自分なりの介護を行うように無理をしない介護を目指しましょう


認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた 親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル
ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド! マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。

トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設