外出して家に帰れなくなるといった徘徊

スポンサードリンク

外出して家に帰れなくなるといった徘徊

外出して家に帰れなくなるといった徘徊

認知症の方には外出して家に帰れなくなることがあります。

 

いまだ現役であると勘違いして通勤しようとしてしまったり、突然外出するなど徘徊してしまう症状が出て、その結果家に帰ることが出来なくなるのです。

 

「家に帰らなくちゃ」と言って黙々と歩き続けるといった行動をとってしまうこともあります。

 

このような行動をとったとしても、そのときの感情に任せて以下のようなことを言ってはなりません。

 

「危ないから椅子に座ってて!!」

 

いきなり大声で「○○さん!!」と声をかける

 

介護で疲れていることも十分理解できますが、感情に任せた言葉をかけてしまうことは絶対に止めましょう

 

外出して家に帰れなくなるといった徘徊

徘徊をするという行動だけを制止しても、探し物が見つからないなど目的を果たさない限り徘徊は継続されることが考えられます。

 

このような場合には、優しい言葉と気持ちで、「何かお探しですか?」「どこに行こうとしているのですか?よかったら教えてください」「私も一緒に行きましょう」などという言葉をかけることや、一緒に行動してあげることを心がけてください。

 

歩いたり公園で休んだり話をしたりして本人の気が晴れた後に一緒に自宅へと帰るのが理想です。

 

しかし、家族にも個々の生活がありますので、いつも一緒に出掛けることは難しいことでしょう。

 

その場合には、まず本人が出掛けたことを家族が気付く必要があります。

 

方法として玄関ドアにベルを付けて出掛けたのを気付くなどの対策をしましょう。

 

また、外出して帰ることが出来なくなることを考えて、氏名・住所・電話番号を記載した名札を服に縫い付けておく、名刺をポケット入れたり首ぶら下げておくなどが有効です。

 

また、高齢者の安全を守るネットワークに参加することも大切です。

 

外出して家に帰れなくなるといった徘徊

高齢者SOSネットワークとは、認知症により徘徊する高齢者等を早期発見・保護を目的として、警察や市町村、消防、病院、コンビニエンスストア、バス会社、タクシー会社等のネットワークを利用したシステムのことです。

 

お住まいの自治体に徘徊老人ネットワークはありませんか?

 

このようなネットワークに参加して、徘徊に対して助ける側と助けられる側の双方の立場となることがオススメです。

 

他にも徘徊高齢者位置情報システムがあります。

 

徘徊高齢者位置情報システムとは、徘徊する高齢者に通信端末を持たせることにより、GPSを利用した地図情報システム等によってパソコン画面上に居場所を表示するシステムのことです。


認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた 親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル
ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド! マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。

トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設