認知症高齢者の介護手順

スポンサードリンク

認知症高齢者の介護手順

認知症高齢者の介護手順

一緒に住む家族が、最近何となく変な行動や言動をするなどの認知症と感じるような症状が出た時には、以下のような手順を参考にしてそれぞれの家庭にて方法を考えてみましょう。

 

認知症に一番初めに気付くのは同居の家族です。

 

そして早期発見・早期受診が後の介護負担にも大きな影響を与えることになります。

 

1.さりげなく変化を観察

日々の生活において、さりげなく変化を観察するのです。

 

観察に際して変な行動をしたとしても、高齢者を馬鹿にしたり責めたりするような行動をしてはいけません。

 

2.病院等に相談

認知症を感じるような行動が確認できたら、病院や保健所に相談しましょう。

 

本来ならば本人の同行が望ましいのですが、難しいこともありますので家族だけが相談することも止むを得ません。

 

3.主治医の決定

認知症高齢者の介護手順

認知症と診断された場合には早急に認知症に関する主治医を決めましょう。

 

今まで主治医が居る場合でも、まずはその医師に相談して、その医師から認知症の専門医を紹介してもらいます。

 

そして専門医には認知症高齢者に対する具体的な対応方法および薬が処方されると思いますので副作用について確認しておきましょう。

 

4.家族・親戚に実情を伝える

家族や親戚に認知症の実情や医師の意見を話して、理解と協力を早いうちに得ておきましょう。

 

重要な事項の決定は、自分ひとりで判断しないで家族や親戚の合意を得るようにすることが必要です。

 

5.公共サービスの利用

介護を行う者の負担軽減を考えて、保健所や社会福祉事務所、介護保険サービス等公共サービスを利用するようにしましょう。


認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた 親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル
ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド! マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。

トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設