認知症の診断のポイント

スポンサードリンク

認知症の診断のポイント

認知症の診断のポイント

認知症であることを検査にて確実に診断することは、現在の医学では難しいとされています。

 

一番のポイントとしては、同居する家族から患者の日常生活において「おやっ?」と気付くことです。

 

認知症患者の特徴として、本人は認知症であることの認識がないということです。

 

一般的な病気であれば、本人が体調不良に気付いて病院に行き診察を受けることになりますが、認知症の場合はそうではありません。

 

本人が認知症の意識がないのですから、病院に行こうとは思わないのです。

 

よって、同居して一緒に生活している家族の方が気付いて、病院にて診察を受けさせることが重要なのです。

 

しかし、みんなが家族と同居しているわけではありません。

 

一人暮らしの方も多くいます。


家族が異変に気付くことが重要です

家族が異変に気付くことが重要

同居していても家族の日常生活に関心がないような場合でも気付くことは難しいと考えます。

 

私の場合は母が認知症となり、同居していながら気付くのが遅くなってしまいました。

 

その後、重い病気にかかり亡くなりました。

 

認知症を含めた病気の心配をしていることだけが理由ではありませんが、現在一人暮らしをしている父のところへはなるべく多く顔を出すようにしています。

 

幸い実家とは近い距離に住んでいることから、月1回は一緒に母の墓参を行くようにしています。

 

皆さん家庭環境が異なることから、難しいところもあるかもしれませんが、同居している場合は関心を持つだけで気付くことができるのです。

 

同居していない場合には、月1回でも訪問しましょう。

 

実家が遠く訪問できない場合には、電話をすることをオススメします。

 

この程度のことで、早期発見・早期治療が重要な認知症に気付くことができるかもしれません。


認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた 親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル
ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド! マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。

トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設