認知症と間違えやすい物忘れ

スポンサードリンク

認知症と間違えやすい物忘れ

認知症と間違えやすい物忘れ

認知症の症状の一つに物忘れがありますが、年齢を重ねたことによる物忘れと認知症による物忘れを混同してしまうことがあります。

 

これをしっかり理解していないと、認知症であるのに加齢に伴う物忘れと判断してしまい、早期発見・早期治療ができなくなってしまいます

 

認知症による物忘れは病的なものでありますので、その症状が進行や悪化することがあります。

 

これに対して加齢に伴う物忘れは、年数が経過しても症状は悪化しません。

 

例えば、認知証に伴う物忘れの場合は、昨年までは1年前の出来事を忘れてしまう程度であったものが、今では昨日のことも忘れてしまうように症状が悪化するものです。

 

これに対して、加齢に伴う物忘れは、知人の名前をなかなか思い出すことができないといった程度の物忘れが続いていても、それ以上物忘れがひどくならないというものです。

 

また、認知症の定義にもありました日常生活や社会生活を営めなくなる点にも違いがあります。

 

物忘れによって、日常生活・社会生活に支障がでるか、でないかでも判断できるのです。

 

例えば、認知症の場合には、食事をしたばかりなのに、食事をしたことを忘れてしまい再び食事をしてしまう物忘れは日常生活に重大な影響があるといえるでしょう。

 

これに対して、芸能人の名前を思い出せない程度の加齢に伴う物忘れは日常生活・社会生活に重大な影響があるとはいえません。

 

認知症と物忘れは違う

認知症の場合には、迷子になる、暴力的な行為をするなどの行動が見られますが、加齢に伴ってこのような行動に出ることはありません。

 

さらに、認知証により怒りっぽくなる、何事に対しても無関心になる、遠慮することを忘れてしまうといった人格までも変わってしまうことがありますが、年齢を重ねても人格が変化するようなことはないことでも判断できます。

 

このように物忘れといっても認知症によるものと、加齢によるものの違いははっきりしていることから、認知症による物忘れと判断できる場合には、早急に医師の判断を仰ぐようにしましょう。


認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた 親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル
ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド! マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。

トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設