認知証に気付く その他

スポンサードリンク

認知証に気付く その他

認知証に気付く

認知症のシグナルとして不潔・お金・家電といったキーワードをご存知ですか?

 

同居している家族に以下のような行動が見受けられた場合、認知症の可能性が考えられます。

 

本人は自分が認知症に罹患していることに気付くことは難しく、また家族に認知症の可能性があると言われて病院に行くことを勧められても拒否することが考えられます。

 

しかし認知症は早期発見が重要なので、きちんと話をして納得させた上で医師の診察を受けましょう。

趣味のための活動に参加しなくなる

今までは趣味のための活動に参加していたのが、参加しても分からなくなってしまったことがあることから、参加しないようになります。

 

テレビを観なくなる

テレビや新聞といったものを観ないようになったら注意しましょう。

 

認知症の症状として、社会的関心や興味が薄れてしまうことがあるからです。

 

特によくテレビを観ていた人が、急に観ないようになった場合には注意が必要です。

 

また、同じようにテレビを観ていても、チャンネルを換えようとしないでただ画面を眺めている場合も注意が必要です。

 

体調不良を訴えるようになる

認知症に気付く

実際には、どこも体調不良ではないのですが体調不良を訴えることがあります。

 

体調不良の症状は人によって異なり、ひどい場合には自ら救急車を呼んでしまうこともあるようです。

 

これは心気症と呼ばれるものですが、経過とともに認知証に移行することもあるようです。

 

家族の方は大変でしょうが、心気症と決め付けないで、認知症である可能性も疑いましょう。

 

物を盗まれたと言うようになる

物忘れによって、大事な物を置き忘れたり、しまった場所を忘れてしまいます。

 

しかし、この原因は自分であることを理解しないことから、他人が盗んだと言うようになります。

 

大事な物をしまっては、すぐに忘れてしまうので見つかりません。

 

このようなことを繰り返しているうちに、誰かが持っていってしまったに違いにないという猜疑心が生まれるようになります。


認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

認知症だからと言ってあきらめない!「認知症改善プログラム」

「最近物忘れも激しい。
認知症の最後は人格崩壊だと言われるが、この先自分がどうなってしまうか不安だ・・・」

「大切な家族なので施設には入れたくない。
でも負担が大きくて、もうそろそろ限界かも・・・」


もし、あなた自身、もしくはご家族の方が「認知症」という人生最後の試練に直面しているなら、多くの家族が笑顔と楽しい生活を取り戻した認知症の改善ステップを試してみませんか?

介護地獄、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル


【認知症対応】介護地獄、介護難民、一家共倒れにならないための超高齢社会サバイバルマニュアル

ある日突然、親が要介護状態となり不安と焦りで混乱しているあなた 親の介護で金銭的にも精神的にも疲弊し、まさにどん底状態のあなた
「介護地獄」「一家共倒れ」「介護難民」にならない為の超高齢社会サバイバルマニュアル
ひとりでクヨクヨ悩んだり、焦ったり・・・今すぐ終わりにしませんか?



脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!


アールズメソッド シニアマッサージ&ストレッチ 脳梗塞後遺症や関節拘縮に即使える実践マニュアル!

アールズメソッドとは、リハビリマッサージやリハビリデイサービスを運営するアールズが10年間の経験に基づき開発したオリジナルメソッド! マッサージに加えて、ストレッチやエクササイズを複合的に取り入れて、クライアントひとりひとりの症状に合わせてプログラムを作成し、痛みのケアやモチベーションの向上に効果を上げています。
今回のDVDには、アールズが最も重要視している「脳梗塞後遺症」や「関節拘縮」に特化したマッサージとストレッチメソッドを収録しています。



認知症ケアプログラム


認知症ケアプログラム

家族の介護のストレス・・・日々進んでいく認知症・・・
「一生治りません・・・。付き合っていくしかありません。」
医者にも親戚にも理解されず孤独な介護に苦しみ続けた日々から一変!
まさか“認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された”なんて・・・

もし、あなたが今現在
「認知症家族をかかえているなら」
5分だけこの手紙をお読みください。
認知症を無理なくケアしていく方法を初公開します。

トップページ 認知症の適切な介護 バリアフリー住宅 介護の基礎知識 都道府県別介護施設